社会福祉法人太陽社会福祉事業協会(地域の誇りとなる救護施設)

業種:介護・福祉サービス

従業員数:32名(平成29年2月時点)
  • 最終更新日:2017/04/07

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク 太陽社会福祉事業協会のホームページはこちら!

救護施設として日本一利用者を大切にし、地域の誇りとなりたい!

私たち太陽社会福祉事業協会は、「太陽福祉グループ」の一員として、救護施設「ジョイガーデン」を運営しています。健康に、安心して、“その人らしく”利用者が生活できるように、あらゆるサービスを提供するのが救護施設。食事、入浴、排せつなどのADL支援から、作業などの日課、外出、行事といったQOL支援を組み合わせたソーシャルワークは、福祉の仕事のなかで、最も幅広いノウハウが求められます。だから、毎日が新鮮な出来事だらけ。「利用者がキラッと輝く」そのとき、その瞬間に喜びを感じられる仕事です。身体、知的、精神の障碍を持たれる利用者と過ごすなかで、「福祉人」としてスキルアップしてみませんか。自らの価値と未来を利用者が感じられる環境づくりを目指して、一緒に歩んでくれる仲間を募集します。

先輩後輩関わらず何でも話しやすい環境。ご利用者様の過ごしやすい場を考えます。

新しい仲間を募集!私たちと一緒に太陽社会福祉事業協会の未来を変えていきませんか!?

救護施設「ジョイガーデン」の哲学 救護施設ジョイガーデンには2つの哲学があります。「日本一利用者を大切にする救護施設となる」と「地域の誇りとなる」です。職員の教育・育成に努めることで、利用者の方々、一人ひとりが、自らの価値を、自らの未来を感じていただくことを目指しています。そして、地域への貢献にも力を入れています。
地域への貢献 姫路市指定の「福祉避難所」として、天災発生時の障碍者受け入れ態勢を整えています。平成29年度は、地域の方々の備蓄食の整備を行い、平成30年度には、地域の独居高齢者の方々の買い物支援を、平成31年度には、地域の独居高齢者の見回り訪問を予定しています。
救護施設とは 法律上は、生活保護法を根拠とする保護施設として分類されています。経済的な問題を抱え、身体や精神に障碍があって日常生活を送るのが困難な方々に、健康で安心して生活していただくための多機能型施設です。ジョイガーデンでは、利用者の日々の生活をその人らしいものとするために、食事、入浴、排泄などのADL支援と、作業などの日課、外出、行事などQOL支援を組み合わせ、「ソーシャルワーク」を支援の旨としています。救護施設は「通過型施設」なので、地域への自立、高齢、障碍等の施設への移行など、多岐にわたる支援を行わせていただいています。
事業内容 救護施設、児童養護施設、老人グループホーム
本社所在地

〒533-0012

大阪府大阪市東淀川区大道一丁目12番24号

大きな地図で見る

※地図は姫路市林田町「救護施設ジョイガーデン」です。
事業所 救護施設ジョイガーデン、グループホームサンシャイン、児童自立援助ホームAzul
設立 平成16年3月
代表者 理事長 小林敬知
従業員数 32名(平成29年2月時点)
平均勤続年数 38.7歳

日々のスケジュールの打ち合わせ。生活支援員としてできることを話し合います。

ご利用者様の健康維持は大切。食後もしっかりと一人ひとり体調管理を行います。

問い合わせ先 079-268-8000 担当/森田

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク 太陽社会福祉事業協会のホームページはこちら!
太陽社会福祉事業協会にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
社長、募集。
こだわりのあるものを販売し増益を獲得!どこにも負けない「志」を持った会社です。
地域社会に貢献できる会社をめざします。
一緒にナンバーワンを目指そう!

このページのトップへ▲