日高食品工業株式会社

業種:メーカー(食品) / 専門商社

資本金:1,100万円売上高:17億円 (2016年8月決算)  16億円(2015年8月決算)  15億円(2014年8月決算)従業員数:73名
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 総合職
  • 最終更新日:2017/04/20

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 ▼ 会社説明会の日程が決定しました!! ▼
ホームページリンク ▼ホームページはこちら▼▼商品を販売するオンラインショップはこちら▼▼日々の当社をご紹介したブログはこちら▼

日高食品はただの食品メーカーではありません。社員の成長の舞台であり、最後の教育機関です!

日高食品は大正13年の創業以来、北海道日高の品質にこだわり、昆布・わかめ・ひじきなどの原料および加工製品の製造・販売を行ってきました。これまで約80年間にわたり、伝統の味を守り続け、多くのお客様にご愛好いただいています。

しかし、日高食品はただの食品メーカーではありません。
会社は「社員の成長の舞台」であり「最後の教育機関」だと考えているからです。
仕事を通して社員一人一人が「成長」し、「幸福」になっていただきたい。
私たちは、本気でそう思い、社員全員が本気で取り組んでいます。

新卒で入社される皆さんには、会社の雰囲気を変えてほしい!
現在でも明るくアットホームな雰囲気ですが、さらにより良く変えるのは、社長が変えるのでも、ベテラン社員が変えるのでもありません。新しく加わる新入社員のみなさんの元気と明るさが変えていくものだと思っています。
ぜひ、みなさんも当社でチャレンジしてみませんか?!

北海道の日高地方で創業した当社は、高級食材である北海道産昆布を主に使用し、素材にこだわっています。
安心・安全と美味しさをお届けすることで、お客様の健康な生活を支えていきます。

育み続けたとろろ昆布用調味液は、約80年間継ぎ足し継ぎ足しされ、成熟したまろやかさとコクが昆布の旨味をより一層ひきたてます。「この昆布じゃないと!」そうおっしゃるお客様は全国に数多くいらっしゃいます。

すべては朝礼から始まる! 当社では、ラジオ体操で始まり、毎朝20分の朝礼から1日の仕事がスタートします。


「そんなに、毎日、業務連絡があるの?」そう思った方もいるかもしれません。


この朝礼で仕事に関する業務連絡は、1分程度です。
朝礼のほとんどの時間は、社員全員が各自の思いを発表し合うようにしています。

例えば、先日の朝礼では『当社のビジョンを実現するために具体的に自分自身ができることは?』というテーマについて、1週間、全員が毎日意見を発表し合います。

新入社員の初々しい意見からベテラン社員は初心を取り戻し、ベテラン社員の深い考えから若手社員は仕事の姿勢を学びます。

そして、日々業務に追われるだけでなく、目指すべき方向を毎日確認し合い、その方向へ着実に前進していることを感じる。そんな会社での時間にしてほしいと思い、朝礼をスタートしました。

仕事をすることはもちろん大切ですが、それ以上に人として成長していただきたい。
職場は、社員一人ひとりの成長の舞台であり、最後の教育機関。
私たちは、本気でそう思っています。

経営理念 私たちは「健康」で安心・安全な食品を創造し提供することで、
お客様に喜びと感動を、従業員に成長と幸福を与え続け、
地域社会に貢献する企業を目指します。


昔から当社は「海藻・健康・万歳」この言葉を掲げて事業を行っていました。

この思いを受け継ぎ、5代目社長が就任した時、今の時代に即した新入社員でも理解しやすい、新しい経営理念へと成文化しました。

従業員に『成長』してもらいたい。その成長が『幸福』につながる。
この理念を全員が共有し、実現に向けて励んでいます。
事業内容 国内外の原草昆布・若布・ひじき・あらめ・その他海藻・椎茸、穀物等の原料及び加工製品。
本社所在地

〒671-0254

兵庫県姫路市花田町勅旨30番地の1

TEL : 079-251-1152    FAX : 079-251-1153

大きな地図で見る

事業所 ■本  社:兵庫県姫路市花田町勅旨30-1

■市場支店:兵庫県姫路市延末295(姫路市中央卸売市場内)
設立 1950年9月

創業:1924年(大正13年)
代表者 代表取締役 河ア 廣信
資本金 1,100万円
売上高 17億円 (2016年8月決算)
16億円(2015年8月決算)
15億円(2014年8月決算)
従業員数 73名
平均年齢 42歳
沿革
大正13年
創業
雑穀、昆布、その他海産物を業種とし、河崎虎雄個人経営による河崎商店を発足。
昭和12年
穀物の統制により海産物、昆布に専業。
昭和22年
商号、組織を姫路食品工業株式会社として、雑穀、昆布の取扱いを再び開始した。
昭和24年
統制令撤廃に伴い株式会社日高物産を設立。
昭和25年
有限会社日高物産と組織変更。
昭和27年
神戸穀物商品取引所の会員に推され会員となる。
社名を(有)日高物産から日高食品工業株式会社へ変更。
昭和31年
2代目社長河崎政代が代表取締役に就任。
昭和42年
姫路市栗山町の新工場並びに本社々屋完成による移転に伴い、旧本社所在地である市に東駅前町に、異業種の別会社を設立。
昭和45年
3代目社長岡本永作が代表取締役に就任。
昭和50年
商品の変質を防ぐと共に常に新鮮な製品を創るため業界に先駆けて、脱酸素を目的とする新鋭機械設備を導入し、より優秀なる製品を生み出すべく努力。
昭和60年
4代目社長河崎黎治が代表取締役に就任。
平成12年
北海道函館市に有限会社北前船物産を設立。
平成17年
5代目社長河崎廣信が代表取締役に就任。
平成19年
現住所(姫路市花田町)に新社屋設立、及び移転。
平成20年
大日本水産会HACCP取得。
平成25年
「兵庫仕事と生活のバランス企業表彰」兵庫県より受賞。
関連会社 有限会社北前船物産
働きやすい職場作りを!その取り組みが兵庫県から表彰されました。 ★『第5回 ひょうご仕事と生活のバランス企業表彰』を受賞しました!★


かつては、年末の繁忙期に仕事が集中し、従業員は連日、深夜残業をしてこなしていました。そのため、毎年3分の1ほどの従業員が辞めていきました。

当然ながらベテラン社員への負担が増え、残業も多く休みも取れない日々。
そんな状況が拍車をかけ、社内もぎすぎすした雰囲気になり、悪循環に陥りました。

そんな時、河ア社長は「従業員が気持ちよく働ける職場づくりをしたい!」と、すぐさま行動に移しました。

まず生産計画から取り掛かりました。
生産計画を作ることで、他の時期に分散化し、業務をローテーション化したことで一部の社員への負担を解消。年間休日も増え、プライベートの時間を多く持てるようになりました。

その功績が評価され、受賞することができました。
加入団体 日本昆布協会会員
近畿昆布協会会員
日本わかめ協会会員
水産食品加工施設HACCP認定
社団法人 大日本水産会

当社では、会社は「社員の成長の舞台」であり「最後の教育機関」であるとの考え方に基づき、社内外ともに研修が豊富です。新入社員のみなさんには、技術的な研修よりも、まずは人として成長できる研修に参加していただきます。

年末のクリスマスパーティーの風景。社長や社員がサンタに扮し、全員へケーキを配ります。その他にも、節分、芋掘り、お花見、バーベキュー、サマーパーティーなどなど、社内レクリエーションも充実しています。

問い合わせ先 採用担当/総務 河ア

〒671-0254  姫路市花田町勅旨30-1
TEL 079-251-1152
E-Mail info@hidaka-foods.com
交通機関 JR山陽本線「東姫路」駅 下車 徒歩20分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報 ▼ 会社説明会の日程が決定しました!! ▼
ホームページリンク ▼ホームページはこちら▼▼商品を販売するオンラインショップはこちら▼▼日々の当社をご紹介したブログはこちら▼
日高食品工業にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
ホップ、ステップ、ジャンプ 新工場でさらなる飛躍を目指します!
澄み渡った空、透き通った水、さらさらの土。美しい地球を守る仕事です。
私たちは、地元姫路から“世界の企業”に向けて、大きく躍進します!
1,800枚。この数字なんだか分かりますか?

このページのトップへ▲