株式会社カドコーポレーション

業種:メーカー(繊維) / メーカー(化学・石油・プラスチック) / メーカー(鉄鋼・金属・鉱業)

本社所在地:兵庫県たつの市資本金:3,000万円従業員数:11名
  • 最終更新日:2016/12/01

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちらから

航空宇宙・自動車をはじめ、最先端のものづくりを技術で支える仕事です!

モータースポーツの最高峰F1や、最新型旅客機(ボーイング787やエアバスA350)、次世代電気自動車(BMW社のi3)には、先端複合材料(カーボンFRP等)が採用されています。
弊社では、その材料を用いて、日本の航空宇宙開発政策を担う国家研究機関であるJAXAや大手自動車メーカーと取引をしています!
弊社は「世界初○○、業界初○○」というように、世の中にないモノや、新しい技術、商品を生み出すべく、最先端を意識し、研究開発し、日々挑戦し続けています。
常に新しいアイデアを見出す、「0から有を生み出す仕事」に関わってみませんか?

新工場イメージ(2017年3月完成)

KUKA社ロボットは自動車業界でも多用されており、弊社は日本初のパートナーシップを結び、複合材料業界の自動化に貢献しています。

Begin 創業時は、主に国体用の新型ハイパフォーマンスヨットを建造し、ハイテクレーシングヨットの改造及び修理などを行い、製造技術においてはハンドレイアップ、プリウエットバキューム成形法を使用していました。しかし、品質・成形環境を改善するため、新しいFRP成形技術の研究を始めました。その一つとして、VaRTM成形法の開発に着手いたしました。
KADOのVaRTM成形とは 従来のVaRTM成形品と比べ、弊社のVaRTM成形品は、航空機レベルにも適用できる可能性のある高品質であると評価され、JAXAとの取引のきっかけとなりました。
その理由には、副資材といわれるVaRTM成形をするために必要な部品を独自に製作したことにより、弊社のVaRTM成形品には気泡のない、鏡のような綺麗な仕上がりになっているからです。
汎用品でできないものは、自らアイデアを出して、部品から作りだす!
このような社風が複合材料業界で弊社の認知度が一気に広まることにも繋がりました。

VaRTM成形…繊維状態の基材(材料)を真空状態にして、樹脂を注入し、熱で硬化させる成形法。高価な設備(加圧炉)が不要なため、低コスト化が図れる。また、大型一体成形も可能。
スマートマニュファクチャリング(複合材料の自動化) インダストリー4.0にみるように、ロボットを用いたオートメーション化の需要が高まっていますが、弊社の属する複合材料業界では、あまり進んでいません。弊社は業界に先駆けて、複合材に精通したシステムインテグレーターとして、ロボットや周辺装置を導入した成形方法や、生産工程のオートメーション化を実現してきました。
複合材料を知り尽くした弊社だからこそできる、自動生産装置の開発やロボットハンドの製作など、お客様のニーズを満たしていきます。

・国内企業初のカーボン複合材の自動成形装置メーカー
・KUKA社との提携により世界最先端の知的能力を持った産業用作業アシスタントロボットの活用
Vision 他社に類をみない、独自のノウハウや技術を活かし、あらゆる産業に適応した先端複合材料の研究開発だけでなく、インテグレーターとして精度の高い自動化システムの構築を目指しています。
例えば、国際学会への参加や国際展示会での情報収集、国内だけではなく、フランスの装置メーカーの日本代理店としてグローバル展開をしています。
お客様や社会に対して、過去や常識に捉われず、柔軟性のある発想でニーズを満たしていきます。
事業内容 FRP製品の研究開発・製造、FRP用自動成形装置及びロボット自動生産装置の開発・製造

ガラス、カーボン、化学繊維、自然素材等を使用し、高機能先端複合材料製品の開発、製造を行う。
また、FRPの自動成形装置およびロボット自動生産装置の開発、製造も行う。提供分野は、一般工業部品、自動車、船舶、航空、宇宙分野等多岐に渡る。

具体的には国家プロジェクトとして研究機関や、JAXA、大手自動車メーカー、大学、その他大手民間企業と取引。

また近年では複合材の成形製造だけではなく、ロボットを導入させて、顧客の要望に合わせた自動成形加工装置一式(システム含む)を提供している。
本社所在地

〒679-4169

兵庫県たつの市龍野町大道343番地の1

TEL : 0791-64-6500    FAX : 0791-64-6501

大きな地図で見る

事業所 〒679-4169 たつの市龍野町大道343番地の1
※2018年3月から本社・工場とも移転

新住所: たつの市新宮町光都3丁目34
設立 2000年6月2日
代表者 代表取締役社長 倉谷 泰成
資本金 3,000万円
従業員数 11名
平均年齢 33.9歳
主な取引先 ●JAXA CFRP VaRTM成形法 研究
●大手自動車メーカー 車体研究・開発
●重工・家電・インテリア・スポーツ関連のメーカー研究開発・製造等
●レーシング/クルージングヨット プレジャーボート 構造物・部品制作 船体修理・改造 多数
社長の経歴 1995年 ヨット先進国であるニュージーランドで先端の造船技術を学ぶ。

2000年 国際ヨットレースアメリカズカップ2000年大会においてニッポンチャレンジビルディングチーム・ショアチームの一員としてレーシングヨット製作、船体点検等を行い、先端造船技術を会得し、ヨットの建造・修理・販売を主たる業務とした(有)カドマリンを創業する。

その後、弊社独自のVaRTM成形法の開発をする。その技術が認められ、大手自動車メーカーをはじめ、JAXA宇宙航空研究開発機構などの先端複合材の研究開発に携わることになる。

また、成形技術並びに成形装置(ロボット)を独自に開発する技術が現在、国家プロジェクトにおいての生産技術開発や、自動車メーカーや航空機メーカーとの取引に繋がっている。
企業理念 こだわらないことにこだわるを、モットーに過去の実績や常識にとらわれず、その時にベストな手法を0ベースで考え、革新的な技術・商品開発を行う。
ビジョン 近年、製造装置の開発を社内で行っており、社内での商品や開発した装置の販売も行い、多角的経営を行っています。
また、社内ブランドを立ち上げるとともに、プライベートブランド(CUDDLE KADO)の商品開発の立ち上げも強化していきます。
ニッチ分野でNo.1 私たちが属する複合材料業界でいち早く、ロボットを用いた自動化に取組み、システムインテグレーターとして、大手メーカーや大学などの研究機関にロボットを導入し、お客様の要望に合わせた自動成形加工装置一式(システム含む)を提供しています。私たちは海外動向調査のため、展示会やカンファレンス視察も積極的に行い、ドイツ自動車メーカー(BMWなど)で多用されているロボットメーカーKUKA社と、日本で初めてシステムパートナーシップ契約を結びました。またフランスの装置メーカーともパートナーシップ契約を結び、日本代理店として活動するなど、国内だけでなく、幅広い視野で活動している会社です。
取引先は国家 私たちは、国の研究開発機関からの依頼で、直接、国の機関(JAXA、経産省、NEDOなど)と受託研究をしています。そのJAXAとの関係は、弊社独自のVaRTM工法から、航空機の部品試作などを担当し、実際にアメリカで飛行試験を行ったこともあります。また、経産省・NEDOとの関係は、革新的新構造材料の研究として、東京大学・名古屋大学・大手自動車メーカー・大手材料メーカーとともに、自動車の軽量化へ向けた新規構造部素材、その接合及び、加工技術の開発に、成形試作やロボットのインテグレーターとして活躍しています。

パリのエアーショーでJAXAの研究試作品(飛行機の胴体部分)を展示しました。

最先端の航空機にも注目されている材料、弊社の技術でのモノづくり(杖や家具など)の自社ブランドにも力を入れています。
※杖のデザインも社内で行います

問い合わせ先 TEL:0791-64-6500
採用担当:三木
交通機関 JR「本竜野」駅 車10分 徒歩27分
山陽自動車道 龍野インターチェンジを出て車で2分

興味を持ったらすぐにアクション!

エントリー エントリーはこちらから
説明会/セミナー情報
ホームページリンク ホームページはこちらから
カドコーポレーションにエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
KYOWA
 

このページのトップへ▲